レシピスト

肌への負担は大丈夫?レシピストにも含まれる紫外線吸収剤とは

レシピストに紫外線吸収剤は入っているのか

レシピストはプチプラながら資生堂から販売されているブランドのため評価も高く支持率も高いブランドとして知られています。

そんなレシピストにはスキンケア商品をはじめとして、色付きリップやボディパウダーなども販売され若者を中心として人気沸騰!

中でも人気が高いのは化粧水と日焼け止めですが、レシピストの商品には紫外線吸収剤は入っているのでしょうか。多くの化粧品に入っている紫外線吸収剤について確認しておきましょう。

紫外線吸収剤は入っている理由

日焼け止めには紫外線防止効果があることで知られていますよね。そのため紫外線が強い夏場だけではなく、年間を通して紫外線をから肌を守るために日焼け止めを塗っているという方も多いでしょう。

肌を守る役目をもつ日焼け止めに入っている紫外線吸収剤は、吸収剤自体が紫外線を吸収して、紫外線エネルギーを熱エネルギーに変えて放出します。

紫外線吸収剤には、紫外線エネルギーを熱エネルギーに変えて放出することで、紫外線による肌への悪影響を防ぐ効果があるということです。

熱エネルギーと聞くと熱そう、強そうという印象を抱くかもしれませんが、私たちには感じることのない変化なので、肌が熱くなったり焼けてしまうということはありません。

日焼け止めには紫外線吸収剤の他に紫外線散乱剤が配合されていますが、この散乱剤は肌の表面で紫外線を乱反射させ、紫外線による肌への悪影響を防ぐことができます。

レシピストの日焼け止めの成分

資生堂の日焼け止めには、この紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が最適に組み合わされ、紫外線防御効果を高めていく効果をもっています。レシピストの成分の中には、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾン-3、オクトクリレンといった紫外線吸収剤が含まれています。

レシピストの日焼け止めはSPF50+、PA++++なので、長時間日焼け止め効果をもつものということになります。SPF50のものはべたついたり、肌が乾燥してしまうということが起こりやすいというイメージを持っている方も多いかと思いますが、レシピストの日焼け止めは伸びが良く、保湿成分も配合されています。

またニキビになりにくい処方がされているので、顔に塗りたいという方もべたつきなく安心して塗ることができるでしょう。

紫外線吸収剤に注意が必要なのはこんな人

レシピストの日焼け止めには紫外線吸収剤が配合されていることがわかりましたが、使用するにあたり注意が必要な人はいるのでしょうか。

レシピストの日焼け止めには、保湿成分が配合されていること、ニキビになりにくい処方がされていると記載しましたが、それでも肌が弱い方や刺激を受けやすい方は注意が必要です。

これはレシピストだから注意が必要というわけではなく、肌が敏感になっている状態のときや、もともと肌が弱い方は自分に合わない成分が入っていないかをチェックしてから使用するようにしましょうという意味合いです。

紫外線吸収剤は熱をとりこんで日焼けを防止しますが、そのときに肌の上で活性酵素というものが発生します。この活性酵素はアトピーの悪化因子とされているため、アトピーの方はなるべく避けるのが良しとされています。

肌を紫外線から守るために日焼け止めを塗りますが、その日焼け止めによって肌が荒れてしまうのは辛いですよね。

紫外線吸収剤によって肌荒れが起きたことがある方や、肌に変化が起きたことがある方はなるべく使用を避けた方が良いですが、レシピストの日焼け止めは評価が高いものなので使ってみたいという方もいるでしょう。

定価で買って肌に合わなかったら無駄になってしまうかも…と不安な方は、レシピストのサマーセットを注文してみるという手もあります。

化粧水、日焼け止め、リップの3点が半額で買えるセットはレシピストの公式サイトから購入できるので、実際に肌に塗って試してみたいという方はぜひチェックしてみてくださいね。